2018年9月24日月曜日

『絶滅寸前季語辞典』



俳句に興味はありますが、70歳くらいから始めても良いかなあと思っています。と言うのは、現在、囲碁に夢中だからです。何事も極めるには少なくとも10年はかかると考えていますので、まあ、このご時世80歳くらいまでは生かしてもらえるのではと思いつつ。



また、70歳くらいまでには、囲碁の方も何らかの形が出来ているんじゃないでしょうかと。そして、80歳の脳みそでは、囲碁を上達させるより俳句を上達させる方がより難しくないのではとの個人的な意見です。



しかしながら、俳句の方にも触手が伸びる今日この頃。ついつい、『絶滅寸前季語事典』という本を買ってしまいました。今、テレビにも登場して大人気の夏井いつきさんの著書です。テレビで拝見していると、「ほんとに見事に下手くそな俳句を蘇えらせるなあ。」と感服いたします。



この本の紹介で「俳句を詠んでいない人も楽しく読める。」とのコメントがあり、まさにその通り、面白く読めました。先ずは「絶滅寸前」の季語を示し、その意味の解説、そしてその季語を使った俳句の紹介と進みます。または、夏井先生自らその季語に挑戦し俳句を詠んでいらっしゃいます。絶滅寸前季語の意味の解説も、たまに少々脱線し、小噺のような趣もあります。








さて、なぜ「絶滅寸前季語」なのか。「まえがき」によりますと、「最近、俳句の世界では、歳時記を見直そう、新しい季語を探そう、季節感のズレてしまった季語を修正しよう、古くなった季語を一掃しようといった議論がかまびすしい。」とあります。夏井先生は、その議論に反対のようです。



彼女の意見は、



「聞いたことも、見たこともない季語でも、空想の産物でもなんでもかんでも、今の時代に生きる私たちが、ともかく詠んでみたらどうなるのか。ひょっとすると、古い革袋に新しい酒を注ぐような新鮮な俳句が飛び出さないとも限らない。もしも、万が一、私にそんな俳句が詠めたとすれば、少なくとも私が生きている間、その季語は私とともに生き残れるはず。」



そうしているうちに、彼女の意見に賛同する人が出てきて、今では「絶滅寸前季語保存委員会」というものできたとの事。そして、「あとがき」によりますと、この本で例句として挙げてあるものは、著作権の切れている俳人の作品、そして絶滅寸前季語保存委員会のメンバーの作品という事です。









この本を読んだ後、わたしは俳句について考えました。先ず、「わたしがなぜ俳句か」というと、俳句は5・7・5の17文字、そして季語を入れなければいけない。この縛りがあることで、ちょっと手掛かりがあって取っ付きやすのではと思ったからです。しかしまた、この縛りがある分、難しいともいえます。アンビバレンスです。



季語のことを調べなければいけない、勉強しなければいけない。この本の中でも夏井先生は、度々、「『大歳時記』を調べてみると」とか、「『大辞典』を調べてみると」と述べられています。先生でも未だにいろいろ調べて書いていらっしゃるのですから、「わたしをや」です。



そして、その季語の事を調べるという行為を考えると、俳句とは季語が先行する(面白い季語があるからその季語で俳句を創る)のか、または、自分の言いたいことに合う季語を探すのかと疑問です。たぶん両方だとは思いますが。もうひとつ、俳句は自然を詠むという事。自然を全然観賞しない私が、俳句を詠めるのか。この季語先行と自然観賞を考えると、わたしが俳句を選ぶことは正しいのか?



夏井先生の番組に渡辺えりさんが、たまに出ます。渡辺えりさんは、あのユニークな劇団を率いている通り、その俳句も特異です。5・7・5、季語を無視した自由律。彼女の作品は、才能ナシだったり、才能アリだったりの両極端。夏井先生が評して曰く、自由律の俳句は難しい。自分で律を奏でなければいけないし、自分で季語を作り出さなければいけない。自由律は嫌いだが、「良いものは良いと認めなければいけない。」と、渡辺さんが「才能アリ」を獲得した時の言です。この俳句でお芝居が出来たなら、わたしは金を払って見に行きますよ、と。



わたしがもし俳句を創るなら、または創れるなら、そんな俳句が良いです。でも、渡辺えりさんのような才能はありませんねえ。










最後に本書からの例句を示したいと思います。



絶滅寸前季語は「川止め」。意味は、「河川が増水した時、渡ることを禁じた事。」

私たちにも、水戸黄門のテレビ番組など時代劇でお馴染みですね。



芭蕉の句では、



さみだれの空吹おとせ大井川



夏井先生の解説。



止められる焦燥感は、江戸時代も現代も変わらないでしょうが、昔なら腹をくくって水が引くのを待つか、死ぬのを覚悟で泳ぎ切るかの選択。現代で当てはめると、飛行機が欠航してしまう感覚か。



夏井先生の一句。



川止めの宿に私と九官鳥



興味のある方は、是非一読を。









にほんブログ村

2018年9月17日月曜日

メゲル。

ブログを書き始めて、まあ、たぶん、2005年、上海から帰って来たときからだから・・・、十数年?


始めたサイトのブログが閉鎖されたので、ここに移って来ました。それから何年でしょうか。

十数年、書き続けて、少々、文章力も付いたかと、自負。

しかし、最近UP出来ていません。理由は、囲碁。なによりも囲碁を優先しているからです。

で、

考えました。

日々、1センチでも前進すれば、人生、「良く生きた」という事にならないかなあと。1ミリでもいいです。

そして、このUPが、その1ミリです。









にほんブログ村

2018年9月2日日曜日

『オリオン座はすでに消えている?』


題名に惹かれて購入しました。

オリオン座の一等星「ベテルギウス」が超新星爆発しているかもしれないというキャッチ。ベテルギウスは640光年離れているので、もし、この過去640年の間に爆発していたとしても気がつかない訳で、その640年目が今年か来年か、はたまた2~3年後かも知れません。



なのでェ……、「えッ、ほんと?もう爆発しちゃって今年にでもそれが見られるの。」と、この題名を見て早とちりしてしまいました。読んでみると、実際にはわかりませんが、過去の他の超新星爆発をした星の例から考えると、わたしたちが生きている間に「見られるかもしれない」ということです。もし、ベテルギウスが爆発を起こすと、3~4ヶ月は満月の100倍の明るさで輝き、昼間でも見えます。そして4年後には見えなくなります。



さて、本の内容はと言いますと、とてもシンプルで読みやすいです。わたしは宇宙の話も大好きで、他の本も少々読んでいますが、それらの本から得たわたしの雑多な知識をスッキリ整理してもらったような――感じです。



「わたしたちの」宇宙がいつ、どのようにできたかというお話がとても簡潔にわかりやすく書かれています。興味はあるが、どうも「わかりづらい」とお思いの方にはピッタリの本です。











近年、「理論上はこうだ」ということが、いろいろな観察機器の発達によりちゃんと証明されるようになってきました。「ヒッグス粒子」しかりです。「まだわからない暗黒時代の謎」というのも興味津津です。



ビッグバンが起きて、水素とヘリウムと少々のリチウムが生まれました。それが38万年後に原子として安定したのです。それらの原子から星が生まれることになるのですが、星が生まれなければ光が生まれないので、第1番目の星が生まれるまでの10億年の間は、我々人類は光をとらえられないということになります。つまり、光をとらえてわかる宇宙の誕生物語は、その期間だけは知る手段がないという事です。それがダークエイジ、暗黒時代と言う訳です。



南米のチリでALMAという電波望遠鏡が日本、アメリカ、ヨーロッパ共同で建設されました。宇宙に最初の天体ができた時の光や電波をとらえることができるかもと。これで暗黒時代の謎を解く「手がかり」が得られると期待されています。また、次世代の望遠鏡も研究されており、暗黒時代に何が起ったのかを知る事ができるようになりそうです。



1999年、ハワイ島のマウナケア山頂に日本の望遠鏡「すばる」が設置されました。この日本の技術が結晶された望遠鏡は、「宇宙の謎を解く」と、世界的にも期待されています。



2011年の8月、ハワイ島に行った時、見てきましたよ~~~。標高4200メートルのマウナケア山頂に行くには、いろいろな条件、試練が(ちょっと大袈裟)あるのです。そこを乗り越えて(ツアーですが)「すばる」と雄大な夕日と天体ショーを満喫しました。このような本を読むと、「オオッ、マウナケアに行ってよかった!」という気になりますね。



日本は世界でもアマチュア天文学者が多いそうです。平安時代にも1054年の超新星爆発を見た人がいます。鎌倉時代初期の歌人である藤原定家が残した『明月記』に平安時代の出来事の伝聞として、超新星爆発(客星)のことが記述されています。中国の『宋史』にも客星(一度だけ現れる星)として記述があり、1054年の7月4日から1056年の4月5日まで見ることができたと記されています。



過去から(そして未来の人もと想像しますが)、人類は星を見ながらいろいろ哲学するのだなあと感嘆します。








にほんブログ村

2018年8月26日日曜日

『不思議な物語』を読んで




『ハックルベリー・フィンの冒険』の中で使われている「ニガー」という言葉が、人種差別の言葉であるとして、近年アメリカで違う言葉にして出版するという動きが活発だ。そんな動きの中で、nigger hipster robot にした版が出回っていると言う。そこまで行くともう改竄である。このように言葉を換えるということを考えていると、じゃあ翻訳はどうなんだと思った。



先日、ゾラン・ジフコヴィッチの『不思議な物語』という本を読んだ。出版元は黒田藩プレスである。ゾラン・ジフコヴィッチはユーゴスラビアの作家であるが英訳版もあるらしいので調べてみた。出版元はKurodahan Press とある。あらっ、同じジャン。と思って、出版社自体をチェックしてみると、やはり同じ会社。日本に住んでいる北米人三人が会社を設立して出版事業をしているらしい。最近、NPOに移行したと報告されていた。彼等の目的は、海外の日本未発表の本を日本語に翻訳し出版することと、日本のまだ海外に紹介されていない本、例えば江戸川乱歩など他の言語に訳しにくいもの、を翻訳し海外で販売することである。そのホームページをみると、日本の独特の文学がどのように英語に翻訳されているかをみるのも興味深いでしょうと書かれていた。―――う~~~ん、興味深いです。











また、最近、世界文学には単数形のWorld Literature と複数形のWorld Literatures があると言う事を知った。単数形の文学は、普遍/不変的価値を有する各国独自の正統的文学。複数形の文学は、グローバルな世界で単一の国家、言語、文化に属する事のない文学作品群。例えば、ハリーポッターやカズオ・イシグロの作品などだ。複数形の文学は単数形の文学が追求する美学、永遠性・独自性・翻訳不可能性には始めから執着せず、世界中の読者をそもそも前提として作品が書かれている。



調子に乗って、ついつい『グローバル社会に賛成しているんじゃないよ。今のグローバル社会は、唯一の観念に収斂していって、開かれた「グローバル社会」とはとうてい言い難いから。』からなんて思ってしまったが、少々反省している。というのは、わたしの考えは少々古臭くなっているのかもと感じたから。



経済のグローバル化の場合は、やはり、西欧諸国主導の資本主義・自由主義経済に流されていると言える。資本主義の概念の「巨大さ」は容易には覆し得ないからだ。が、文化の面ではどうだろうか。もちろん、西欧文化が新興国を飲み込んで文化の帝国主義とか植民地化とか言われる面もあるが、それとは別にソーシャルメディアを通して培われた第二のバーチャルな世界が出現しているとも考えられる。



わたしの時代にはなかったコンピュータが生まれた時から存在する世代、あるいは青年期に遭遇して容易にコンピュータを駆使する事ができる世代が、違った共通の世界を作り出したのは当然の結果だ。そこは、国籍も言語の違いもない新たな世界だ。そこで生まれる文化は、やはりわたしが「美」と感じとる土着の文化を超える共通の「美」があるのだろう。



でもね。薄まっているんじゃないの?そんな世界になってくのかなあ。












にほんブログ村

2018年8月23日木曜日

『後手の先手』とは。



今日の朝日新聞の「折々のことば」は、



家事は、あなたと家族が快適に暮らしていくための手段であって、けっしてあなたの生涯の目的ではないのです。       ―――犬養智子



50年前に刊行された『家事の秘訣集』によるものです。上手に家事をサボる400の驚きの提案がなされているという事。家事は大切なことだからこそみなで協力し合いましょうとの提言です。





もちろん、家事は「大切な事」です。しかし、わたしはそれ以上に、もっともっと「生きるそのもの」と思っています。生物は、生きるために自分自身の体をメンテナンスし、また、清潔に保つ努力を四六時中しています。人類は、自分自身が「生物である」という事を忘れてしまっているのでは。



自分の命を大切にするという基本的なことをないがしろにし、他の事を、例えば勉強とか仕事とかを、重要視します。つまり、体に良い食べ物を考えるより、もっと働いて多く稼ごうとか、身の回りを綺麗にすること――部屋を掃除する、洗濯をする、あるいは自分自身を清潔に保つ――よりもっと実利のあることをしようとか。









さて本題の「後手の先手」とは、囲碁用語です。囲碁は先手を取って自分の有利な方向に囲碁を進めて行こうと考えます。ですから後手を取ってはいけません。しかし、「後手の先手」とは、今はこの手は後手のように見えるが、将来的に働くので実は先手なのだ――というような手の事です。



碁会所の囲碁仲間は、たいてい70歳前後の爺さんなので、よくセクハラまがいの発言を聞きます。



「奥さんは家で何をしているんだろうねえ。掃除とか洗濯とかしかしてないんだよ。」とか、「女は家でご飯でも作っているしかないね。」とか。



まるで、自分は外で働いてお金を稼いで「大層な事」をしているのだと言うかのような発言。そのあなたの体を守ってきたのは誰なのだ――と言いたい。つまり、そんな囲碁仲間に対し、



あなたが思っている女性の仕事とは、『後手の先手』なんですよ~。



と言いたいわけです。








にほんブログ村

2018年8月20日月曜日

『面白い人』に出会うという事





23日前に、息子にメールをした。返事はなかったが、今朝返信が来た。わたしがメールしたのは、



ちょっと思いついた事を言っとるだけだけど、世の中そう面白い人はいないネ。



返事は、



面白い人がいっぱいいたらそれは普通の人なので











なるほど。面白くない人々とわたしは呼んでいるが、私自身、他の人に「面白くない人」と言われているのかもしれない。わたしが面白い人(わたしが感心するような事を言う人)と思える人は、わたしのことを面白くない人と分類しているのでわたしを受け入れることはなく、わたしは面白い人に出会えることはない。



だから、



結局は、自分自身を鍛えるしかない。わたしが出会いたい人に会った時、その人にわたしが面白い人と思ってもらえるように。しかし、その人は、その時はすでに「普通の人」となっているので、やはりわたしは「面白い人」には会えないのだ。



だから、



わたしは永久に自分の道を鍛えていきながら、たくさんの「普通の人々」と出会う道を進んで行くしかない。











にほんブログ村

2018年8月9日木曜日

俳句を創ってみたもののーー




重大な欠陥に気が付きました。わたしの「俳句を創るにあたり」の欠陥です。

わたし、
風物詩や、自然の営みに「全く」興味がないのです。俳句は、自然の状況を心情に合わせて詠むもの。

で、良いのだろうかと。

前回の物も、自分の好きなビールを詠んだだけで、自然は全くなし。

それで、次に、
この熱帯夜で、エアコンの効いていない廊下やトイレは、まるで「熱帯雨林」のよう、という俳句を詠もうとしたのですが、
「アレッ。全然自然に関係ないじゃん。」と。

どうでしょう。この路線。








にほんブログ村